名入れをしても100円内におさまる防水巾着袋

粗品で配ってもよし、パッケージ資材として使ってもよし、使い方いろいろで便利のよい巾着袋をご紹介します。

巾着はいろんなシーンで使えるのでとても便利な袋で、お家に何枚かはあるのではないでしょうか。
さて、みなさんそれはどこで手に入れましたか?

そういえば私、自分で購入した記憶がありません。
 ネットで検索すると「作り方」がよく出てくるので、「作る派」の方も多いかもしれませんね。
あ・・・そういえば私も中学生の頃作った記憶があります。不器用な私が作るのですからとても簡素なものでしたが、お友達とお揃いで使っていました。(←不覚にも楽しかった時代を思い出し泣きそうになりました) とりなおして・・・

私の使い方は、旅行に行くときに荷物の整理整頓用に使います。
今使っているものは、雑貨やアパレルショップで商品購入時にもらったり、ホテルや温泉旅館に宿泊時、ギブアウェイとして部屋に用意されているものをもらって使っているような気がします。

 

巾着は、粗品やノベルティとしていただくことが多い商品です。
最近は、不織布のものが一番よく見かけますが、今回は不織布に次ぐ人気の
「防水カラー巾着」をご紹介します。

防水カラー巾着

 

この商品の一番のウリは「防水」という点です。

不織布やコットン巾着とは違い、濡れた水着やタオルなどを入れることができます。試しに巾着を水でじゃばじゃば濡らしてみました。
水をはじいています。(表面です)

内側も水で濡らしてみました。
ちゃんとはじいています。(内側)

 

お弁当入れとして、万が一汁こぼれしても安心です。
外出先でお子様がお洋服を汚した場合でもこれにいれておけばママのバッグを汚すこともありません。(お着替えは用意しておいてあげてください)

紐は、片側で紐を絞るタイプではなく、両側で紐を絞るタイプですので入れ口もしっかり絞れます。

中身は多少透けます。
画像は、中に何を入れているかわかりますか?

→ 答え:水色のタオルで、タオルの端10cmほどのところは白地に青い花柄のデザインが入っているのものです。
すこーし花柄の感じは透けて見えていますが、衣類であれば何が入っているかまではわからないと思います。

 

サイズは、約W24.5xH27.5cmです。
マチもあります。約8cm。

では、恒例の「実際入れてみました!」

フェイスタオルまでは入りますが、バスタオルは入りません。
Tシャツは入りますが、トレーナーは入りません。
ハンドタオル(32x32cmの結構しっかりしたもの)なら四つ折にして5枚入りました。
靴下なら7足入りました。(素材やサイズによって異なりますが・・・)

 

生地は、二重になっており表と内側で質感が異なります。
表面はマットな質感、内側はつるつるしています。
(写真がうまく撮れずわかりにくいかもしれません。すみません・・・)

名入れをしても100円以内におさまります。
500個の場合、94円/枚
1,000個の場合、87円/枚
*税別です

 

 

巾着ってあると便利です。

・バッグの中の整理や旅行時の荷物の整理に
・おでかけ時、お菓子など入れ帰りにはごみ袋に
・おにぎりやお弁当、携帯用コップを入れて
・温泉旅行で大浴場に行くときの着替えを入れ、帰りには脱いだものいれて
・プールやスポーツクラブの小物入れや着替え入れとして
など

 

100円以下の粗品として、自社商品を入れるパッケージ資材として などいろいろ使える商品です。
貴社ではどんな企画でお使いになられますか?

<商品の詳細やご注文などは上記商品名をクリックしてください。 espiの商品ページにとびます。>

————————————————————————-——————————————————
販促品やノベルティ、粗品を通じて皆様をサポートする通販サイト【エスピィ】
URL :http//espi.jp
E-mail:info@espi.jp
TEL :072-792-9977

*本サイト掲載の情報は、掲載時のものとなります。
商品の仕様や価格など変更の場合がございます。